WEB完結型の求人サイトに
リスティング広告は有効ですか?

求人サイトの運用に関する「本当によくある質問」に本気で答えます!
WEB完結型の求人サイトにリスティング広告は有効ですか?

WEB完結型の求人サイトにリスティング広告は有効ですか?

求職者の募集にリスティング広告を考えています。予算などを考慮したうえで有効な手段となりうるのでしょうか?

派遣・紹介業を営む企業が競合になる事を理解する

リスティング広告は、1ヶ月運用すれば、一人の反響を生み出すための単価を知ることが出来、予算組がしやすいところにメリットがあります。

例えば、月の上限予算を10万円と設定をして、10人の応募が発生したのであれば、一人の反響に対し平均1万円の広告費が必要だという事が算出でき、そこから、では月に何人の応募を発生させたいのか?というところから逆算して予算組をすることが出来ます。

ただ、ここで覚えておいていただきたいのが、求人業界は、派遣、紹介業を営んでいる巨人がひしめくまさにレッドオーシャンである、という事です。

当サイトで販売・紹介しているのは、求人企業と求職者が直接やりとりをするWEB完結型の求人サイトとなります。

派遣、紹介業は、運営者と求職者のやり取りがメインになります。

通常の求人サイトと派遣、職業紹介用の求人サイトの違いは以下をご覧ください。

求人サイトと派遣、職業紹介用の求人サイトの違い

WEB完結型の求人サイトの場合、すべての流れは基本的に自動化されており、企業と求職者のやりとり、応募、スカウトからメッセージ、採用、不採用まで、運営者が介入することはありません。

運営者が介入しないため、手数料もそこまで高額になりません。その理由として、派遣や紹介業では、国の認可を受けている企業が、採用までしっかりと求職者をあの手この手でサポートするのに比べて、WEB完結型の求人サイトは運用を出来る限り自動化しています。

職業紹介、派遣の場合は、企業へ一緒に面接に出向くケースもあれば、求職者の悩み、相談に応え、納得がいく就職先を探します。

そのため、採用が決まった際の企業から徴収できる手数料も、採用が決まった求職者の年収の15%~30%と大きなものとなります。

年収400万円の場合、20%だと80万円になります。これは大きな手数料ですね。

それと比較しWEB完結型の求人サイトの場合は、すべてが自動化されている、また介入しない、ということを企業も理解しているため、当然紹介業のような高額の手数料は徴収できません。

サイトによって手数料形態は様々ですが、一律5万円と設定しているケースもあれば、年収の10%と設定しているケースもあります。弊社のクライアント様の場合、10万円以下という手数料の設定が多いです。

徴収できる手数料が違うと、当然それにかけられる広告費も違う

上記の通り、紹介業などは採用時に徴収できる手数料が莫大なため、一人の採用にかけられる広告費も比例して大きくなります。

実際に介護や、看護などの競合が多い分野などは、1クリック単価が1000円を超えるケースもあり、予算が瞬間で溶けてしまいます。広告を出している企業さんを見てみるとやはり、人材派遣、紹介業関連の広告が目立ちます。

これら一人の採用へ莫大な広告費をかけられる企業と同じ土俵でリスティング広告合戦をすれば、当然ですがかなり不利に働きます。同じ広告単価を支払っているのに、向こうはどしどし予算を投入してくるが、こちらは上限予算に瞬時に達してしまうのではどうしようもありません。

自分たちにしかできない方法で立ち向かう

いうのは簡単ですが、実現するのは難しいですよね。

ただ、勝算はあります。職業紹介や派遣業の場合、まだ(これから先増えてくるとは思いますが)SEOに強い検索動線を確保したサイトが少ないです。

自然流入が少ないからこそ、リスティングに頼っているとも言えます。そこに差別化を見出せます。

派遣・職業紹介系は求人数をあまり稼げないケースが多く、求人数のみで言えば、勝算があると言えます。求人数が多ければ、サイト滞在時間が長くなりますし、ページビューにも好影響です。

とにかく求人数を増やす、これが内部SEOの施策がされているサイトに関して、最短の自然流入増加の手段となります。派遣や職業紹介は店舗界隈というエリアに縛りが生じますが、WEB完結型は企業と求職者とのやり取りであるため、東京で運用しながら北海道の求人企業と求職者をマッチングさせることも可能です。(もちろん北海道の求人企業へ掲載営業というアクションは必要ですが)

リスティングに頼らなくても集客できるオリジナルコンテンツを用意するのも一つの手です。ここは弊社の得意分野でもあります。

過去の事例より、分野ごとに、訴求力、集客効果の高いコンテンツの企画をさせて頂きます。求人情報+αのオリジナリティに力を入れることで、他競合と差別かも出来てくるはずです。

中には、求人コンテンツよりも、そちらのオリジナルのコンテンツのほうがアクセスを稼いでいる、なんて事もあります。もちろん求人情報を集める営業こそが第一優先ではありますが、オリジナルコンテンツを運営者が作りこんでいく、そこで+αのアクセスを稼ぎ、そのアクセスがサイト全体の評価を上昇させることが出来れば、他サイトを圧倒できます。

求職者のためになるコンテンツ。そこから考えていくと、いろいろとアイデアも浮かんできそうです。弊社ではコンテンツの企画もあわせてお受けしておりますので、ぜひお気軽にお声をおかけいただければと思います。

indeedのプロモーション・広告運用
本当によくある質問に本気で答えます
  • 求人サイト構築パッケージ
  • リステイング広告
  • SEO効率を底上げ
  • カスタマイズを積極的に提案します

WEBからのお問い合わせ名古屋オフィス・東京オフィス

お電話でのお問い合わせ名古屋オフィス・東京オフィス

052-875-9930受付時間 10:00~18:00(年中無休)