W3Cとは?

World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアムはWorld Wide Webで使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体、非営利団体で、略称はW3C(ダブリュースリーシー)と呼ばれています。


設立にはマサチューセッツ工科大学(MIT)や、WWWが開発された欧州合同素粒子原子核研究機構(CERN)などが大きな役割を果たしています。


世界のホームページの規格を策定している機関でもあり、リクルートメイドで構築するサービスはW3Cの規格に準拠したHTML(XHTML)、CSSで構築致しております。


W3Cの規格に準拠したソースで構築したWEBサイトが、検索エンジンの上位に表示されるわけではありませんが、SEO(検索エンジン最適化)の性質上、ソースを出来るだけCSSにて外部化し、テキストコンテンツの部分を効率よく検索エンジンのクローラーに収集してもらう事により、結果的に検索エンジンに有利に働きます。


世界基準とされている規格に従い、あとはコンテンツさえしっかりとしていれば、必然的に上位に表示されるような素晴らしいサイトに育っていくでしょう。

機能一覧はこちら

お電話でのお問合せはこちら
052-875-9930お気軽にお電話下さい 名古屋オフィス・東京オフィス
メールでのお問合せはこちら
お問合わせフォームへ

ページトップへ戻る