求人サイトの運用に関する[本当によくある質問]に本気で答えるFAQ集。

スカウト機能とはどのような機能ですか?

スカウト機能とは、どのように利用されるのでしょうか?具体的に教えてください。

中規模以上の求人サイトには、スカウト機能が通常導入されています。求職者が、求人情報にエントリーをするという一方的な方法だけではということで、求人情報を配信する企業側が、求職者をスカウトできるようになっているのです。

このスカウト機能の導入により、より求職者が自分のことをアピールする理由付けも出来、それに伴い求人サイトにも様々な機能を盛り込む事を提案しています。求職者からすれば、少しでも企業の目にとまりたいはずであります。では、その求職者たちが自分自身をアピールできるツールを導入してあげる事により、やはり他の求人サイトとは差別化出来るということになりませんでしょうか。

履歴書だけではその人の人柄や性格は伝わってきません。実際に面接をしても、履歴書から伝わるイメージとは違うというケースも少なくないのです。そこで求職者が自己PRのために使えるツール、ブログ、動画、その求人サイトに合ったシステムを導入する事で、企業も求職者を検索するのがスムーズで楽しくもなるのです。

動画であれば、その人の性格はダイレクトに伝える事が可能です。今ではスマートフォンでも動画を撮れるので、手軽にサイト上にアップロードする事が可能でしょう。その動画が既に面接の一連の流れのひとつとなっているということなのです。求人情報を配信してくれる企業にも営業をかけやすくなる、面白みのあるツールになるでしょう。

例えば、デザイナーに特化した求人サイトであれば、過去に制作したデザイン物をアップできたりしても双方にメリットがありそうです。スカウトされるために求職者たちにもっと自分をアピールできるツールを盛り込む事で、企業側にもメリットは多いのです。良い人材を探せるし、そんな求職者たちが自分達の情報を配信できる求人サイトがあるというだけでも話題になります。

現在では、Facebook、Twitter、Instagramなどより個性を前面に押し出せるSNSも多いため、この辺りと連動していくのも一つの手段であります。

企業側からはどこまでの情報が閲覧できるのか?

これはサイトごとに設定が可能です。通常は、直接オフラインでコンタクトが取れてしまうメールアドレスや電話番号は非公開とします。当然名前も非公開です。職務経歴なども非公開にするケースもありますが、あまり非公開にする項目を多くすると企業側からすると、スカウトの判断材料が少なくなり使いにくいシステムになってしまうので注意が必要です。

一般的に検索できる条件としては、性別、所在地、年齢、経験職種、スキル、保有資格などになります。弊社のシステムでは、それ以外に検索させたい項目があれば、別途設定が可能となっておりますが、求職者の数が少ない場合、掛け合わせの検索条件を多くすれば多くするほどヒット数が少なくなるため、まずは少ない条件にてスタートをすることをお勧めしています。

運用初期のスカウト機能の在り方

求人サイトを成功させるためには、求職者よりもまずは求人情報を集める必要があります。求職者を集めるためには、まず何をしたらよいか?という質問をよくいただきますが、まずは求人情報を集めてください。とお伝えしております。

求職者にかけるプロモーション費用があるのであれば、すべて求人情報を集めるためのプロモーションに投下頂いた方が、効率的にサイトを成功に導くことが可能です。求人情報が無い求人サイトには、求職者をプロモーションなどで強制的に連れてきても、すぐに離脱してしまうだけです。

そうなると、運用初期は求人情報を集める期間となりますので、求職者はあまり登録されていない状態が続きます。この期間は、スカウト機能を一旦非表示にしておくか(システム的に利用のオン、オンが可能になっています。)、または求職者の検索項目を所在地だけにして、必ず検索結果に求職者がヒットする状態を作ってあげたほうが、企業に不信感を与えません。必ずしも、高機能=使いやすい、という事ではありません。パッケージに実装されていても、段階的に機能をリリースしていく、という手法をあえて提案させていただくケースもあるのです。

求人サイト運用に関するよくある質問トップに戻る

お電話でのお問合せはこちら
052-875-9930お気軽にお電話下さい 名古屋オフィス・東京オフィス
メールでのお問合せはこちら
お問合わせフォームへ

ページトップへ戻る