公開ページ全てに対するSEO対策

求人サイト構築メイドで提供している求人サイトパッケージでは、全てのページに対して、内部SEOを徹底的に導入しております。

メタタグの最適化、構造的パンくずリストの導入、サイトマップ(sitemap.xml)、フルCSS+xhtml、URLの正規化静的化など、検索エンジンにとって最も効果的な手法にて構築がされております。

例えば、求人情報の詳細ページであれば、下記のように自動で情報が反映されるようになっています。

<title>{求人情報タイトル}|{求人情報配信会社名}</title>
<meta name="description" content="{求人情報タイトル}|{求人情報配信会社名}|{サイト説明文}" />
<meta name="keywords" content="{求人情報タイトル}|{求人情報配信会社名},{キーワード}" />

もちろん全てのページがしっかりと検索エンジンにインデックスされる仕組みになっているので、トップページからだけでなく、下層のページからもありとあらゆるキーワードの組み合わせにて集客を行うことが可能です。

他のホームページ業者様がこのパッケージのソースを見たときに、「これはSEOにも効果があるし、とてもキレイな文法である」と自信を持って言っていただけます。SEOの基準はGoogleが毎年すさまじいスピードでアップデートを行っており、重要なのはその時代に合ったSEO施策を随時アップデートしていくことだと考えております。

その時点では良いと思っていたSEOの施策も、次年では逆の効果に働くことも十分に考えられることを念頭に入れながら、最新のSEO事情に準拠した対応を続けていくことで、それ自体が他社との差別化になり、より上位に表示される可能性が高いサイトになるのだと思います。

公開ページだけでなく、管理画面の利便性にもこだわった質の高い求人サイトのパッケージとなっています。

当求人パッケージに施策されている内部SEOの例

title要素の最適化
titleはGoogleの検索結果にも表示される重要な要素となります。求人サイトのように求人ページやサイト内検索結果が多く生成されるが、それらのページのtitle要素が被らないように固有のtitleが付与されているか?コンテンツと相違が無いか、文字数は適切か、過剰なキーワードが入っていないかなどを考慮して、静的ページは個別に設定を行い、動的ページは自動でtitle要素が最適化されるようになっています。
description要素の最適化
descriptionもtitle同様、Googleの検索結果にも表示される重要な要素となります。titleと同じく、他のページと被らないように固有のdescriptionが付与されているか?Googleの検索結果で文末が省略されないように文字数が120文字以内になっているか?などを考慮した出力ルールになっています。
alt属性の最適化
alt属性は画像の代替となるテキスト情報であり、画像の意味を表すテキストを設定します。動的に出力される求人情報に付与されている写真などにも、その求人情報に関連するlat属性を自動で付与するなど施策がされています。
URLの正規化
wwwの有り無し、httpsかhttpなど、どちらがオリジナルのURLかを.htaccess及びサーチコンソール上にて指定し、Googleが混乱するのを防ぎます。
URLの構造化
求人サイトのようなサイトの性質上、求人情報ページやサイト内検索結果ページのように動的ページが多く出力される場合は、それらのページを構造化し、誰が親で誰が子なのかを具体的にGoogleが理解できる構造にする必要があります。
例:http://test.com/s/area23/city232114/syokusyu503
(都道府県>市区>職種に親子関係を持たせており、Googleが構造を把握しやすくなります)
パンくずリストの構造化
パンくずリストを構造化することで、ユーザ及びGoogleに対して、現在見ているページの上層、下層の位置関係を明確化することが可能となります。
例:ホーム > 愛知県の求人を探す > 豊田市の求人を探す > 美容師の求人を探す
(URLの構造化と同じく、Googleが構造を把握しやすくなります)
noindex対策
多くのページをGoogleに登録(インデックス)されることが常に良いわけではありません。サイト内でコンテンツが重複していそうなページや、求人情報が入っていない検索結果など、Googleに登録(インデックス)すべきでないページは自動でnoindex(インデックスしなくていいですよというシグナル)が付与され、常にGoogleに検索されるべきページのみを最適化するようになっています。
関連求人の表示
求人情報詳細ページにて、条件が近い順に関連求人を表示して、Googleのクローラーが関連求人を認識しやすいようにします。もちろんユーザビリティーの向上にも貢献します。
サイトマップ設置
常に新しい求人情報がアップされた時点で、それらのページがリアルタイムにGoogleに登録(インデックス)されるように、サイトマップ(sitemap.xml)を自動生成します。
モバイルフレンドリーサイト
今では必須となったスマホ対応ですが、スマホ対応、つまりモバイルフレンドリーに対応してあるかどうかは、Googleの検索順位に大きく影響するため、対応は必須であります。Googleが提供しているモバイルフレンドリーテストサイトで、該当サイトがモバイルフレードリー対応されているかどうかの確認できます。
ウェブサイトの高速化
.htaccessにてコンテンツファイルを圧縮することで、通信するファイルの容量を減らしサイトの表示速度を高速化します。求人サイトは一般的なサイトよりもデータベースへのアクセスが多く、サイトの表示速度的に負荷がかかる可能性が高いため、出来る限りの高速化を施策すべきであります。
Search Consoleの導入
サーチコンソールは、Googleが提供しているGoogleの検索結果でサイトのパフォーマンスを監視、分析、管理ができるツールです。利用は無料で、サイトの診断には必須なツールであります。特に求人サイトはページが多く出力される性質があるので、インデックスされるべきでないページがインデックスされようとしているなどを監視する必要があります。
アクセス解析ツールの導入
Googleアナリティクスは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。日毎、曜日毎、月毎、エリア、時間帯、よく見られているコンテンツなど、様々な視点で分析が可能です。

機能一覧はこちら

お電話でのお問合せはこちら
052-875-9930お気軽にお電話下さい 名古屋オフィス・東京オフィス
メールでのお問合せはこちら
お問合わせフォームへ

ページトップへ戻る